日本の領海の領海法・領海侵犯・尖閣諸島が話題



日本の領海とは

領海(りょうかい、英語: territorial sea、フランス語: eaux territoriales)とは、基線から最大12海里(約22.2キロメートル)までの範囲で国家が設定した帯状の水域であり、沿岸国の主権が及ぶ水域である(右図参照)。沿岸海(えんがんかい)といわれることもある。

領海、領海の上空、領海の海底とその地下には沿岸国の主権が及ぶ。領土と領空とともに国家領域のひとつで、また領海に内水、群島水域をあわせて沿岸国の主権がおよぶ3種の海域のことを領水(英: territorial water)と呼ぶ。
wikipedia抜粋

「日本の領海領海法」「日本の領海領海侵犯」「日本の領海尖閣諸島」という言葉が話題です。

日本の領海の口コミ

コメント

タイトルとURLをコピーしました