Alexa対応音声認識リモコンの第3世代・メディアプレーヤー・ストリーミングが話題

Alexa対応音声認識リモコン 話題



Alexa対応音声認識リモコンとは

Amazon Alexa(アマゾン アレクサ、単にAlexaとも呼ばれる)は、Amazonが開発したバーチャルアシスタントAI技術で、Amazon Lab126が開発したスマートスピーカー「Amazon Echo」で初めて採用された。音声対話、音楽再生、ToDoリストの作成、アラームの設定、ポッドキャストのストリーミング、オーディオブックの再生、天気、交通、スポーツ、その他ニュースなどのリアルタイム情報の提供が可能である。 また、Alexaは自身をホームオートメーションシステムとして使用し、複数のスマートデバイスを制御することができる。ユーザーは、天気予報プログラムやオーディオ機能などの「スキル」(サードパーティベンダーが開発した追加機能で、一般的にはアプリと呼ばれる)をインストールすることで、Alexaの機能を拡張することができる。

Alexaを搭載したほとんどの機器では、ユーザーがウェイクワード(AlexaやAmazonなど)を使って機器を起動することができる。その他の機器(iOSやAndroidのAmazonアプリやAmazon Dash Wandなど)では、ユーザーがボタンをクリックしてAlexaのリスニングモードを起動する必要があるが、一部の携帯電話では、ユーザーが「Alexa」や「Alexa wake」などのコマンドを言うこともできる。現在、Alexaとの対話やコミュニケーションは、英語、ドイツ語、フランス語、イタリア語、スペイン語、ポルトガル語、日本語、ヒンディー語でのみ可能。 カナダでは、Alexaは英語とフランス語(ケベック訛り)で利用できる。

2018年11月時点で、アマゾンは1万人以上の従業員がAlexaおよび関連製品に手掛けている。 2019年1月、Amazonのデバイスチームは、Alexa対応デバイスの販売台数が1億台を超えたことを発表した。

2019年9月、アマゾンは世界のスマートホーム業界に対抗しながら、多くの記録を達成する新しいデバイスを発売した。新しいEcho Studioは、360サウンドとドルビーサウンドを搭載した初のスマートスピーカーとなった。その他の新しいデバイスには、生地の後ろに時計が付いたEcho dot、第3世代の新しいAmazon Echo、Echo Show 8、プラグイン式Echoデバイス、Echo Flex、Alexa内蔵ワイヤレスイヤホン、Echo buds、Alexa内蔵メガネ、Echo frames、Alexa内蔵Ring、Echo Loopなどがあった。

2014年11月、AmazonはEchoとともにAlexaを発表した。 アレクサは宇宙大作戦と新スタートレックで始まるSFテレビ番組や映画に登場する宇宙船エンタープライズに搭載されているコンピュータ音声と会話システムに触発された。 Alexaという名前は、Xとの間に硬い子音があり、より高い精度で認識されるという事実のために選ばれた。 この名前は、アレクサンドリア図書館を連想させると主張されている。 アマゾンは、2015年6月、音声制御スキルとテクノロジーを開発する企業に投資するプログラムアレクサファンドを発表した。 エコビー、オレンジ・シェフ、スカウト・アラーム、ガレージオ、トゥーメール、MARA、モヒオなどの企業に総額1億ドルの資金を投資している。2016年には技術を進歩させるためにアレクサ賞が発表された。

2019年4月、Alexaが聞いた会話内容は録音され、Amazonの従業員によって解析されていることが判明した。
wikipedia抜粋

「Alexa対応音声認識リモコン第3世代」「Alexa対応音声認識リモコンメディアプレーヤー」「Alexa対応音声認識リモコンストリーミング」という言葉が話題です。

https://twitter.com/Vanitype4/status/1592732601223380992

Alexa対応音声認識リモコンの口コミ

コメント

タイトルとURLをコピーしました