トランプ前大統領のツイッターアカウントのマスク・賛成反対投票・呼びかけが話題

トランプ前大統領のツイッターアカウント 話題



トランプ前大統領のツイッターアカウントとは

この項目では、ドナルド・トランプが使用する偽名について解説する。

アメリカ合衆国の実業家、政治家であり、第45代アメリカ合衆国大統領のドナルド・トランプは、これまでに様々な偽名を使用してきた。例えばジョン・バロン(John Barron または John Baron)、ジョン・ミラー(John Miller)、デイヴィッド・デニソン(David Dennison)などである。トランプが時としてスポークスマンを装ってメディアに情報提供をすることは、トランプ・オーガナイゼーションとニューヨークのマスコミ界隈においては「公然の秘密」とも言われていた。ニューヨークのマスコミ関係者の中には「バロンからの電話は普段からあまりにも多くて、社会部の中では〔かかってくること自体が〕定番のジョークのネタになっていた」と回想している。フォーチュンのライターは、トランプの父フレッド・トランプもビジネスの場面でミスター・グリーンという偽名を使っていたと報じたことがある。
wikipedia抜粋

「トランプ前大統領のツイッターアカウントマスク」「トランプ前大統領のツイッターアカウント賛成反対投票」「トランプ前大統領のツイッターアカウント呼びかけ」という言葉が話題です。

トランプ前大統領のツイッターアカウントの口コミ

コメント

タイトルとURLをコピーしました