同士打ちの言葉・友人・無駄が話題



同士打ちとは

同士討ち(どうしうち)、御方討ち(みかたうち、味方討ち)、同士戦(どしいくさ)、友軍相撃(ゆうぐんそうげき)、友軍による誤射、誤爆 は、武力を有した集団などが、友軍および同盟関係にある兵に対して、誤って攻撃をしかけ、損害を与える状況を指す(実戦のみならず、訓練中でも起こりうる)。第一次世界大戦頃は単にフレンドリーと呼ばれていた。米軍で使用されるフレンドリーファイアは、1947年にアメリカ陸軍所属の戦史家 S.L.A. Marshalによって初めて使用された。NATOで使用されるBlue on blueは、軍事演習での自軍の色(青)から来ている。

個人同士(一対一)における相打ちとは意が異なる(相打ちは敵に対しても用いられる語)。意図して同士討ちを行った場合は、これを「裏切り」行為という(精神錯乱時はケースにより解釈が異なる)。古くから同士討ちを行ってしまった場合の責任の取り方(現代でいう軍法・軍規)が定められており、『吾妻鏡』の12世紀末の記述として、鮫島宗家が御方討ちをしたため、右手の「指切」 に処されたことが載せられている。

戦闘で重要な要素は奇襲であることは現代でも変わっておらず、悠長に確認する暇がないため、技術発達した現在でも完全になくすことはかなり困難である(特に緊張状態であるときに起こりやすい)。
wikipedia抜粋

「同士打ち言葉」「同士打ち友人」「同士打ち無駄」という言葉が話題です。

同士打ちの口コミ

コメント

タイトルとURLをコピーしました