風の大地の未完・先生・作者が話題

風の大地 話題



風の大地とは

『風の大地』(かぜのだいち)は、原作:坂田信弘、作画:かざま鋭二による日本の漫画作品。『ビッグコミックオリジナル』(小学館)にて1990年より連載を開始。話数カウントは「Round.○」。1993年、第39回小学館漫画賞青年一般部門を受賞。『ビッグコミックオリジナル』2022年14号から、かざまの抗がん剤療養のため休載されている。

@media screen{.mw-parser-output .fix-domain{border-bottom:dashed 1px}}24歳というゴルフ界では遅い年齢でプロゴルファーを志した主人公沖田圭介が、恵まれた体格と熱心な練習、さまざまな人との出会いによって成長し、メジャートーナメントなどで活躍する様を描いている。主人公の師となる小針春芳、トーナメントで優勝を争う尾崎将司やグレッグ・ノーマンなど、実在のゴルファーも多数登場する。各話の最後にポエムが入るのが特徴。[独自研究?
wikipedia抜粋

「風の大地未完」「風の大地先生」「風の大地作者」という言葉が話題です。

風の大地の口コミ

コメント

タイトルとURLをコピーしました