総費用16.5億円程度の国葬・国民・安倍元首相が話題

総費用16 話題



総費用16.5億円程度とは

生活保護(せいかつほご、英: Public Assistance)は、国や自治体が「健康で文化的な最低限度の生活」を日本国民に保障するためとして設けている公的扶助制度。日本国憲法第25条や生活保護法の理念に基づき、生活に困窮する国民に対して、資力調査(ミーンズテスト)を行いその困窮の程度によって、要保護者に必要な扶助を行い、最低限度の生活(ナショナル・ミニマム)を保障するとともに、自立を促すことを目的とする。

2012年(平成24年)から生活保護への総合的な見直しが決まり、不正受給への厳格な対処、生活扶助や医療扶助等の給付水準適正化、保護世帯の就労促進、就労困難者への別途支援制度構築、正当な理由なく就労しない者への厳格対処をすることとなっている。厚生労働省は「生活保護の申請は国民の権利です。生活保護を必要とする可能性はどなたにもあるものですので、ためらわずにご相談ください。」と案内している。
wikipedia抜粋

「総費用16.5億円程度国葬」「総費用16.5億円程度国民」「総費用16.5億円程度安倍元首相」という言葉が話題です。

総費用16.5億円程度の口コミ

コメント

タイトルとURLをコピーしました