胆振東部地震の4年前・北海道・台風が話題

胆振東部地震 話題



胆振東部地震とは

北海道胆振東部地震(ほっかいどういぶりとうぶじしん)は、2018年(平成30年)9月6日3時7分59.3秒(日本時間)に、北海道胆振地方中東部を震央として発生した地震である。地震の規模はMj6.7、震源の深さは37 km(いずれも暫定値)。最大震度は、震度階級でもっとも高い震度7で、北海道では初めて観測された[注釈 [注釈 [注釈 。気象庁は同日、この地震を「平成30年北海道胆振東部地震」と命名した[注釈 。

なお、地震発生直後には震度データの入電しない地点があり、気象庁は当初、安平町で観測された震度6強を最大震度として発表していた。その後、厚真町鹿沼で震度7を観測していたことが、当日夕方までに判明した[注釈 。

また、本地震の震源がある胆振地方中東部では、2014年(平成26年)7月8日18時5分に白老町で最大震度5弱を観測する地震(震源の深さは3km、地震の規模はMj5.6)が、2017年(平成29年)7月1日23時45分に安平町で最大震度5弱を観測する地震(震源の深さは27km、地震の規模はMj5.1)がそれぞれ発生している。

震度7が観測されたのは、1995年兵庫県南部地震(M7.3)、2004年新潟県中越地震(M6.8)、2011年東北地方太平洋沖地震(M9.0)、2016年熊本地震の前震(M6.5)、本震(M7.3)に続いて、観測史上6例目。
wikipedia抜粋

「胆振東部地震4年前」「胆振東部地震北海道」「胆振東部地震台風」という言葉が話題です。

胆振東部地震の口コミ

コメント

タイトルとURLをコピーしました