外務省困惑の参列希望殺到・国葬・外国が話題

外務省困惑 話題



外務省困惑とは

白鳥 敏夫(しらとり としお、1887年(明治20年)6月8日 – 1949年(昭和24年)6月3日)は、大正、昭和期の日本の外交官・政治家。戦前期における外務省革新派のリーダー的存在で、日独伊三国同盟の成立に大きな影響を与えた。東洋史学者の白鳥庫吉は叔父。外務大臣を務めた外交畑の長老石井菊次郎も叔父にあたる。また外務官僚の出淵勝次は義兄(妻の姉の夫)にあたる。息子に白鳥正人元北陸財務局長。
wikipedia抜粋

「外務省困惑参列希望殺到」「外務省困惑国葬」「外務省困惑外国」という言葉が話題です。

外務省困惑の口コミ

コメント

タイトルとURLをコピーしました