火だるまの雪だるま・消防士・英語が話題

火だるま 話題



火だるまとは

だるま(達磨)は、インドから中国へ仏教を伝えた僧侶・達磨。転じて、達磨の坐禅姿を模した日本の置物。現在では縁起物として広く親しまれている後者について、本項では解説する。

多くは赤色の張子(はりこ)で製作される。達磨が壁に向かって座禅を続けて(面壁九年)手足が腐ってしまったという伝説にちなみ、手足がなく、顔が大きい。白目のまま販売され、祈願のため左目に黒目を書き入れ、成就すると右にも黒目を入れる「目入れだるま」の風習が、江戸で文化年間に始まって以降続いている。
wikipedia抜粋

「火だるま雪だるま」「火だるま消防士」「火だるま英語」という言葉が話題です。

火だるまの口コミ

コメント

タイトルとURLをコピーしました