ゼンノロブロイの名馬・安らか・タイキシャトルが話題

ゼンノロブロイ 話題



ゼンノロブロイとは

ゼンノロブロイ(Zenno Rob Roy)は、日本の競走馬。

2004年のJRA賞年度代表馬で、引退後に種牡馬となった。馬名の由来は、冠名の「ゼンノ」と18世紀のスコットランドに実在した英雄ロブ・ロイ(ロバート・ロイ・マグレガー)の合成。

馬主は大迫忍であったが、途中から社台グループの吉田照哉、吉田勝己との共同所有となる。また2005年6月18日に大迫忍が死去したため、以後は妻である大迫久美子に名義が変更された。
wikipedia抜粋

「ゼンノロブロイ名馬」「ゼンノロブロイ安らか」「ゼンノロブロイタイキシャトル」という言葉が話題です。

ゼンノロブロイの口コミ

コメント

タイトルとURLをコピーしました