アルテミス計画のロケット打ち上げ・アポロ計画・オリオンが話題

アルテミス計画 話題



アルテミス計画とは

アルテミス計画(アルテミスけいかく、英: Artemis program)は、アメリカ合衆国政府が出資する有人宇宙飛行(月面着陸)計画である。当初計画では2024年までに「最初の女性を、次の男性を」月面(特に南極付近)に着陸させることを目標としている。計画名と計画の詳細は2019年5月に発表された。なお、アルテミスはギリシア神話に登場する月の女神で、アポロ計画の由来となった太陽神アポロンとは双子とされる。

この計画は、主にアメリカ航空宇宙局 (NASA) とNASAが契約している米国の民間宇宙飛行会社、そして欧州宇宙機関 (ESA) 、宇宙航空研究開発機構 (JAXA) 、カナダ宇宙庁 (CSA) 、オーストラリア宇宙庁(英語版) (ASA) などの国際的パートナーによって実施される。計画自体はNASAが主導しているものの、月面での持続的な駐留を確立し、民間企業が月面経済を構築するための基盤を築き、最終的には人類を火星に送る(有人火星探査)という長期的目標に向けた次のステップとして、国際的なパートナーシップが計画を前進させる上で重要な役割を果たすことが期待されている。

2017年12月、ドナルド・トランプ大統領は月探査計画を承認する宇宙政策指令第1号に署名した。アルテミス計画は、オリオンと月軌道プラットフォームゲートウェイ、そして商業月面輸送サービス(英語版)を始めとする進行中の宇宙機の計画を利用して実施される予定であり、未開発の有人着陸船も追加される予定である。オリオンの打ち上げにはスペース・ローンチ・システムが用いられ、商用ロケットは他の様々な構成物を打ち上げるために使用される見込みである。NASAはアルテミス計画のために16億ドルの2020年度追加予算を要求し、上院歳出委員会(英語版)は議会の評価と承認に必要な5年間の予算プロファイルをNASAに要求した。2021年4月17日、NASAは月着陸船の開発・運用に、スペースXを選定した。
wikipedia抜粋

「アルテミス計画ロケット打ち上げ」「アルテミス計画アポロ計画」「アルテミス計画オリオン」という言葉が話題です。

アルテミス計画の口コミ

コメント

タイトルとURLをコピーしました