国葬欠席の国葬反対・これ・共産党が話題

国葬欠席 話題



国葬欠席とは

大喪の礼(たいそうのれい、たいものれい)は、日本の天皇又は上皇の国葬であり、国事行為たる皇室儀礼。

大喪(たいそう、たいも)とは、天皇・太皇太后・皇太后・皇后の喪に服すること、葬儀を意味するが、日本国憲法下において「天皇(又は上皇)の葬儀」は、皇室典範第25条の規定に基づき国の儀式として執り行われる「大喪の礼」と、皇室の儀式として執り行われる「大喪儀」とに区別される。両者を合わせて「御大喪(ごたいそう)」ともいう。 

日本語では大喪は「たいそう」又は「たいも」と読むので「大喪の礼」を「たいものれい」と読むことも間違いだと政府機関や国語辞典編者も言い切らないものの、一般的には「たいそうのれい」と読む方が意味が通じやすい。「大喪」は「天皇の崩御と斂葬の儀」を指し、対義語は、天皇の即位を指す「大典、大礼」である。
wikipedia抜粋

「国葬欠席国葬反対」「国葬欠席これ」「国葬欠席共産党」という言葉が話題です。

国葬欠席の口コミ

コメント

タイトルとURLをコピーしました