ノートルダム大聖堂の火事・パリ・火災が話題


ノートルダム大聖堂 話題


ノートルダム大聖堂とは

座標: 北緯48度51分11秒 東経2度20分59秒 / 北緯48.8530度 東経2.3498度 / 48.8530; 2.3498

パリのノートルダム大聖堂(Cathédrale Notre-Dame de Paris、ノートルダム寺院とも) はゴシック建築を代表する建物であり、フランス、パリのシテ島にあるローマ・カトリック教会の大聖堂。「パリのセーヌ河岸」という名称で、周辺の文化遺産とともに1991年にユネスコの世界遺産に登録された。現在もノートルダム大聖堂は、パリ大司教座聖堂として使用されている。ノートルダムとはフランス語で「我らが貴婦人」すなわち聖母マリアを指す。

パリのノートル・ダム大聖堂の正面に向かって左側のポルタイユ(正面)には、聖母マリアの聖母被昇天の主題が取り上げられている。中段では聖母マリアが地上における生を終える場面が描かれ、上段でキリストから祝福を授けられている聖母マリアが鎮座している。
キリストを中心にして天使や聖人たちが描かれており、過去、未来、未来という崩れた構成となっている。
wikipedia抜粋

「ノートルダム大聖堂火事」「ノートルダム大聖堂パリ」「ノートルダム大聖堂火災」という言葉が話題です。

パリのノートルダム大聖堂で火事です。ノートルダム大聖堂が炎上しています。火災の原因はなんなんでしょうね。

ノートルダム大聖堂の口コミ

今!バズり中の記事・話題はこちら

コメント

タイトルとURLをコピーしました