世界の片隅の地上波・テレビ・21時が話題


世界の片隅 話題


世界の片隅とは

『この世界の片隅に』(このせかいのかたすみに)は、こうの史代の同名漫画を原作とする、片渕須直監督・脚本、MAPPA制作の長編アニメーション映画。2016年公開。昭和19年(1944年)に広島市江波から呉に18歳で嫁いだ主人公すずが、戦時下の困難の中にあっても工夫を凝らして豊かに生きる姿を描く。

配給は東京テアトル。2016年11月12日に日本国内63館で封切られた後、公開規模を徐々に拡大して累計400館を超え、上映が2年以上続く異例のロングランとなった(2019年3月現在継続中)。累計動員数は210万人、興行収入は27億円を突破し、ミニシアター系作品としては異例のヒットを記録した。また公共ホールなど約450の会場で上映会が行われ(2018年1月時点)、日本国外では世界60以上の国と地域で上映される。制作の足がかりとなる資金をクラウドファンディングで一般から調達したことでも知られる。

本作は第90回キネマ旬報ベスト・テン日本映画第1位、第40回日本アカデミー賞最優秀アニメーション作品賞、第41回アヌシー国際アニメーション映画祭長編部門審査員賞、第21回文化庁メディア芸術祭アニメーション部門大賞などを受賞した。監督の片渕は、第90回キネマ旬報ベスト・テン日本映画監督賞、第59回ブルーリボン賞監督賞、第67回芸術選奨文部科学大臣賞などを受賞。またチームとして第65回菊池寛賞を受賞した。

この他、約30分の新規場面を付け足した別バージョン作品(長尺版)として『この世界の(さらにいくつもの)片隅に』が2019年12月20日に公開される予定である(後節参照)。
wikipedia抜粋

「世界の片隅地上波」「世界の片隅テレビ」「世界の片隅21時」という言葉が話題です。

世界の片隅の口コミ

今!バズり中の記事・話題はこちら

コメント

タイトルとURLをコピーしました