バナナの日の花の日・鼻の日・8月7日が話題

バナナの日 話題



バナナの日とは

バナナ(甘蕉、実芭蕉、英: Banana、学名 Musa spp.)は、バショウ科バショウ属のうち、果実を食用とする品種群の総称である。また、その果実のこと。いくつかの原種から育種された多年性植物。熱帯~亜熱帯の地域で栽培されるトロピカルフルーツ。種によっては熟すまでは毒を持つものもある。

日本では古くは芭蕉と呼ばれ[注 。葉の繊維を主に利用するイトバショウは同属異種。食用果実として非常に重要で、2009年の全世界での年間生産量は生食用バナナが9581万トン、料理用バナナが3581万トンで、総計では1億3262万トンにのぼる。アジアやラテンアメリカの熱帯域で大規模に栽培されているほか、東アフリカや中央アフリカでは主食として小規模ながら広く栽培が行われている。また、花を料理に使う地域もあり、葉は皿代わりにしたり、包んで蒸すための材料にしたりするほか、屋根の材料などとしても利用される。
wikipedia抜粋

「バナナの日花の日」「バナナの日鼻の日」「バナナの日8月7日」という言葉が話題です。

バナナの日の口コミ

コメント

タイトルとURLをコピーしました