広島原爆の平和・8月6日・午前8時が話題

広島原爆 話題



広島原爆とは

広島市への原子爆弾投下(ひろしましへのげんしばくだんとうか)は、第二次世界大戦(太平洋戦争)末期の1945年(昭和20年)8月6日(月曜日)午前8時15分、連合国のアメリカ合衆国が枢軸国である日本の広島市に対して原子爆弾「リトルボーイ」を実戦使用した出来事である。これは、人類史上初の都市に対する核攻撃である。この核攻撃により当時の広島市の人口35万人(推定)のうち9万 – 16万6千人が被爆から2 – 4か月以内に死亡したとされる。

原爆投下後の入市被爆者も含め56万人が被爆したとされる。また、わずか3日後の1945年8月9日には、長崎市へも原子爆弾が投下された。

広島県、広島市などを指す「広島」が「ヒロシマ」と片仮名表記される場合は、広島市への原子爆弾投下に関する言及である場合が多い。

アメリカ軍が広島市に対して投下した原子爆弾「リトルボーイ」(以下「原爆」と記す)自体についても記述する。
wikipedia抜粋

「広島原爆平和」「広島原爆8月6日」「広島原爆午前8時」という言葉が話題です。

https://twitter.com/isaisakita/status/1555363370936586240

広島原爆の口コミ

コメント

タイトルとURLをコピーしました