シベリアのちむどんどん・権田・反省会が話題

シベリア 話題



シベリアとは

シベリア(英: Siberia [saɪˈbɪəriə、露: Сибирь [sʲɪˈbʲirʲ ( 音声ファイル))は、ロシア連邦領内のおよそウラル山脈分水嶺以東の北アジア地域である。漢字表記で西比利亜又は西伯利亜とも書く。かつては日本語でシベリヤという表記も多くみられた。シベリアの名称はシビル・ハン国に由来する。1世紀頃の現在のモンゴル国の領域には鮮卑が暮らしており、鮮卑は西域からはシビルと呼ばれており、この名前が代々使用され、シベリアの語源となった[注釈 。

一般的には極東分水嶺(サハ共和国東縁)より東の日本海・オホーツク海など沿岸地域(極東ロシア)は含まないが、広義には含めることもある。ロシア連邦所属の共和国・自治管区は存在するが、独立国家は存在しない。主な都市として、西から、オムスク、ノヴォシビルスク、クラスノヤルスク、イルクーツク、ヤクーツクがある。広義のシベリアはさらに、エカテリンブルク、ハバロフスク、ウラジオストク、ユジノサハリンスク、ペトロパブロフスク・カムチャツキーを含む。人口最大の都市はノヴォシビルスク。現在ではロシア語話者が人口の大半を占めるが、サハ語などのテュルク諸語や、ウラル語族に属する言語が多く分布している。
wikipedia抜粋

「シベリアちむどんどん」「シベリア権田」「シベリア反省会」という言葉が話題です。

シベリアの口コミ

コメント

タイトルとURLをコピーしました