アンデルセンの媽祖・天魔・適正が話題

アンデルセン 話題



アンデルセンとは

ハンス・クリスチャン・アンデルセン(丁: Hans Christian Andersen、デンマーク語発音: [ˈhanˀs ˈkʁæsd̥jan ˈɑnɐsn̩(ハンス・クレステャン・アナスン)、1805年4月2日 – 1875年8月4日)は、デンマークの代表的な童話作家、詩人である。デンマークでは、Andersen が非常にありふれた姓であることから、フルネームを略したH. C. Andersen(デンマーク語読みで “ホー・セー・アナスン” [hɔse ˈɑnɐsn̩、英語読みで”ハンズ・クリスチャン・アンダーソン[注釈 “)と呼ばれる。
アンデルセンの童話は子どもから大人まで人気が高く、現在も多くの国で愛されている。

代表作は「人魚姫」「みにくいアヒルの子」「マッチ売りの少女」「雪の女王」など。約170の作品を遺している。
wikipedia抜粋

「アンデルセン媽祖」「アンデルセン天魔」「アンデルセン適正」という言葉が話題です。

アンデルセンの口コミ

コメント

タイトルとURLをコピーしました