磐越西線の米坂線・橋梁流出・只見線が話題

磐越西線 話題



磐越西線とは

磐越西線(ばんえつさいせん)は、福島県郡山市の郡山駅から福島県会津若松市の会津若松駅を経由して新潟県新潟市秋葉区の新津駅までを結ぶ東日本旅客鉄道(JR東日本)の鉄道路線(幹線)である。名称の由来については「磐越」を参照。

歴史は古く当初、郡山駅 – 喜多方駅間は民間資本の岩越鉄道によって路線開設がなされた(「歴史」の節を参照)。会津若松駅 – 新津駅間には、「森と水とロマンの鉄道」という愛称が付けられている。

国土交通省鉄道局監修の『鉄道要覧』やJR東日本の『会社要覧』では磐越西線を郡山駅 – 新津駅間としている一方で、一部の列車は新津駅から信越本線経由で新潟駅まで直通しており、JR東日本の公式サイトでは新潟駅までの各駅も磐越西線の駅として表示しているが、新津駅 – 新潟駅間はあくまで信越本線であるので、本項では主に郡山駅 – 新津駅間について記述する。
wikipedia抜粋

「磐越西線米坂線」「磐越西線橋梁流出」「磐越西線只見線」という言葉が話題です。

磐越西線の口コミ

コメント

タイトルとURLをコピーしました