アナスタシアのマシュ・メリュジーヌ・バーヴァンシーが話題

アナスタシア 話題



アナスタシアとは

アナスタシア(ギリシア語: Αναστασία、ロシア語: Анастасия、ラテン文字表記: Anastasia)は、ヨーロッパ語にみられる女性名。愛称はナーシャ(ロシア語: На́ся)、ナースチャ(ロシア語: На́стя)。

原義はギリシア語で「目覚めた/復活した女」。ギリシャ人の男性形はアナスタシオス。日本人正教徒にもこの聖名を持つ女性がいる。まれに姓としての例があり、この場合は男性にも用いられることがある。

日本では歴史上の人物としての「アナスタシア」はロシア革命により銃殺されたロシア皇帝ニコライ2世の第4皇女であるアナスタシア・ニコラエヴナを指す場合が多い。

ロシア発祥、世界中で話題となった『アナスタシア 響きわたるシベリア杉 シリーズ』(著者:Vladimir Megre ウラジミール・メグレ、翻訳:水木 綾子、監修:岩砂 晶子)が、2012年09月26日に日本語訳版が発売されてからは、シベリアのアナスタシアを指す場合でも使われている。
wikipedia抜粋

「アナスタシアマシュ」「アナスタシアメリュジーヌ」「アナスタシアバーヴァンシー」という言葉が話題です。

アナスタシアの口コミ

コメント

タイトルとURLをコピーしました