母さんの子のちむどんどん・好き・和彦が話題

母さんの子 話題



母さんの子とは

母親(ははおや)とは、女親のことである。

お母さんと一般には言い、親しみをこめて「かあさん」・「かあちゃん」・「お袋」(おふくろ)「おかん」などと呼ばれる場合もある。「母」という漢字の成り立ちは「女」に2つの乳房を加えた象形文字であり、子への哺乳者、授乳者であることを意味する。
お母さんという呼称を使う場面は、

にも用いられる。2, 3の場合は、話者が子の立場に自らを擬して言うという特徴がある。4の場合はおば(いとこのお母さん)やいとこおば(はとこのお母さん)など傍系尊属にあたる女性を指す場合もある。

幼児語で母親のことを「ママ( またはマザー、マミー)」ということがあり、「ママ」の語は別項目で述べるように母親のイメージから発展して意味が多様化していくことになる。

血縁関係上の母親は「実母」・「生母」、養子縁組による母親は「養母」、母親が死別または離婚し父親が再婚したが、母親と養子縁組をしていない場合は「継母」(ままはは)と称される。
wikipedia抜粋

「母さんの子ちむどんどん」「母さんの子好き」「母さんの子和彦」という言葉が話題です。

母さんの子の口コミ

コメント

タイトルとURLをコピーしました