サーターアンダギーのちむどんどん・反省会・手土産が話題

サーターアンダギー 話題



サーターアンダギーとは

サーターアンダーギーは、沖縄県の揚げ菓子の一種。首里方言で、サーターは砂糖、アンダーギーはアンダ(油)+アギ(揚げ)+語尾を伸ばすことで「油で揚げたもの」という意味になる。その名の通り砂糖を使用した生地を用いる球状の揚げドーナツである。縁起の良い菓子とされ、結婚式など祝い事でも振る舞われる。

同じ生地を四角に揚げたものは、サングァチグァーシ(三月菓子)と呼ばれる。
wikipedia抜粋

「サーターアンダギーちむどんどん」「サーターアンダギー反省会」「サーターアンダギー手土産」という言葉が話題です。

サーターアンダギーの口コミ

コメント

タイトルとURLをコピーしました