山田監督のコロナ・陽性・日ハムが話題

山田監督 話題



山田監督とは

山田 洋次(やまだ ようじ、1931年〈昭和6年〉9月13日 – )は、日本の映画監督、脚本家、演出家。

大阪府豊中市出身。東京大学法学部卒業。川島雄三、野村芳太郎の助監督を経て1961年に『二階の他人』でデビュー。『男はつらいよ』シリーズなど人情劇を発表し、現役でキネマ旬報ベストテンに最多入賞した監督。日本映画界の第一人者。紫綬褒章(1996年)、文化功労者(2004年)、文化勲章(2012年)受章。日本芸術院会員。財団法人いわさきちひろ記念事業団理事長。関西大学大学院文学研究科および立命館大学映像学部の客員教授、文化学院の特別講師。日本映画監督協会会員。

妻は「平塚らいてうの記録映画を上映する会」副会長を務めた山田よし恵(1932年5月23日 – 2008年11月8日)。次女はTBSプロデューサーの山田亜樹[注 。
wikipedia抜粋

「山田監督コロナ」「山田監督陽性」「山田監督日ハム」という言葉が話題です。

山田監督の口コミ

コメント

タイトルとURLをコピーしました