サーティワンの誰か・アイス・ポケモンコラボが話題


サーティワン 話題


サーティワンとは

バスキン・ロビンス (Baskin-Robbins Inc.) は、アメリカの世界最大級のアイスクリーム・パーラー・チェーンのひとつ。世界40か国に7300以上の店舗を展開している。日本ではサーティワンアイスクリームの名前で知られる。

サーティワンとは英語の「31」で、「31種類のアイスクリームがあるため、1か月毎日違うアイスが楽しめます」という意味が込められている。ただし、実際には32種類もしくは28種類のアイスクリームが置かれている店舗が多く、これは冷蔵庫が四角いので偶数(しかもケース1区画が4つ入りのため、4×8)の方が経済的であるという理由であり、テレビ番組『トリビアの泉 〜素晴らしきムダ知識〜』でも紹介された。実際には1200種類のアイスクリームが作られているが、世界のどのバスキン・ロビンスの店でも大抵は32種類から選べる。

上記の「サーティワン」の言葉と味見が無料でできるピンクのスプーン「テイストスプーン」のサービスは、1953年のバスキン・ロビンス発足当時からのもので、アイコン的なものとなっている。

2010年には、客層が革新的な味を求めているという理由でフレンチバニラといった古典的な5種類の味を廃止することを発表した。しかしながら、根強いファンや客層がFacebookなどを通じて猛烈に反対している。

アメリカ軍基地の敷地内で営業する店舗では、日本では通常販売されない種類があるほか、ソフトクリームを販売している店舗などもある。

発売しているフレーバーのうち、ロッキーロードは商標登録されている。
wikipedia抜粋

「サーティワン誰か」「サーティワンアイス」「サーティワンポケモンコラボ」という言葉が話題です。

サーティワンの口コミ

コメント

タイトルとURLをコピーしました