税金の無駄遣いの国葬反対・安倍さん・国民が話題

税金の無駄遣い 話題



税金の無駄遣いとは

昭和三大馬鹿査定(しょうわさんだいばかさてい)と通称されるものは、昭和時代の税金の莫大な無駄遣いを表す比喩表現である。元々は、大蔵省主計局の職場内で使われていた隠語であり、「それに該当する三つが何か」という議論のことではなく、後世にそのような指摘をうけるような事業に予算をつけてはならないという主計官の自戒の言葉である。整備新幹線着工のための予算措置をめぐる駆け引きのなかで、1987年12月23日、翌年度(昭和63年度)の予算原案の大蔵省内示の時、当時の主計官であった田谷廣明が、整備新幹線着工に予算をつけることへの反対意見を表明する発言の中で比喩的にこの表現を用い、物議をかもした。
wikipedia抜粋

「税金の無駄遣い国葬反対」「税金の無駄遣い安倍さん」「税金の無駄遣い国民」という言葉が話題です。

税金の無駄遣いの口コミ

コメント

タイトルとURLをコピーしました