赤毛のアンの児童文学・わたし・怪盗クイーンシリーズが話題

赤毛のアン 話題



赤毛のアンとは

『赤毛のアン』(あかげのアン、原題: Anne of Green Gables)は、カナダの作家L・M・モンゴメリが1908年に発表した長編小説。特に児童を対象に書かれた作品ではないが、この数十年は児童文学とみなされている。原題のグリーンゲイブルズ (Green Gables) はアンが住むことになるカスバート家の屋号であり、直訳すると、「緑の切妻屋根」という意味になる。
wikipedia抜粋

「赤毛のアン児童文学」「赤毛のアンわたし」「赤毛のアン怪盗クイーンシリーズ」という言葉が話題です。

赤毛のアンの口コミ

コメント

タイトルとURLをコピーしました