SONG FOR ARMYのジョングク・センイル・可能性が話題

Songforarmy 話題



SONG FOR ARMYとは

陸軍は進んで行く(英語: The Army Goes Rolling Along)は、1956年に作られたアメリカ陸軍の公式軍歌である。The Army Songとも呼ばれる。作詞はハロルド・アーベルグ (Harold W. Arberg) 、作曲はエドモンド・グラーバー (Edmund L. Gruber) による。

原曲は1908年にエドモンド・グラーバーが作曲した『弾薬輸送車の歌』 (The Caissons Go Rolling Along) 。「ケーソン・ソング」 (The Caisson Song) とも呼ばれる。ケーソン (Caisson) とは、大砲の弾薬箱や予備車輪などを搭載した、馬が引く2輪の砲弾車・弾薬車のこと(前車を参照)。なお、「弾薬輸送車の歌」の歌詞には複数のバージョンが存在する。

第一次世界大戦中の1917年にジョン・フィリップ・スーザが行進曲として作曲(実際には編曲)した『アメリカ野砲隊』 (U.S. Field Artillery) のトリオ部に「弾薬輸送車の歌」の旋律(メロディ)が使われている。
wikipedia抜粋

「SONG FOR ARMYジョングク」「SONG FOR ARMYセンイル」「SONG FOR ARMY可能性」という言葉が話題です。

SONG FOR ARMYの口コミ

コメント

タイトルとURLをコピーしました