ジョーカー続編の楽しみ・マジ・ホアキンが話題

ジョーカー続編 話題



ジョーカー続編とは

『ジョーカー』(原題:Joker)は、DCコミックス「バットマン」シリーズに登場するヴィランであるジョーカーをベースとした、2019年のアメリカのサイコスリラー映画。監督はトッド・フィリップス、脚本はフィリップスとスコット・シルヴァーが務め、ホアキン・フェニックス、ロバート・デ・ニーロ、ザジー・ビーツ、フランセス・コンロイらが出演した。

興行収入はR指定映画として初めて10億ドルを超えた。第76回ヴェネツィア国際映画祭でプレミア上映され金獅子賞を受賞、第92回アカデミー賞では、作品賞、監督賞、脚色賞を含む最多11部門にノミネートされ、フェニックスが主演男優賞、ヒドゥル・グドナドッティルが作曲賞を受賞した。

本作は、「DCエクステンデッド・ユニバース」をはじめ、過去に製作された「バットマン」の映画・ドラマ・アニメーションのいずれとも世界観を共有しない、恐らくマルチバースの関係にある完全に独立した映画である。ジョーカーの原点を描いた内容ではあるが、本作以前の映像作品に登場している、どのジョーカーの過去でもない。

公開時のキャッチコピーは「本当の悪は笑顔の中にある」。
wikipedia抜粋

「ジョーカー続編楽しみ」「ジョーカー続編マジ」「ジョーカー続編ホアキン」という言葉が話題です。

ジョーカー続編の口コミ

コメント

タイトルとURLをコピーしました