オンライン慣れの対面授業・コロナ・ストレスが話題

オンライン慣れ 話題



オンライン慣れとは

先延ばし(さきのばし、英: procrastination)とは、ある期限までに達成しなければならない仕事をすることを避けることである。否定的な結果を招くかもしれないとわかっていながら、習慣的・意図的に物事を始めたり完了することを遅らせてしまうことを指す。これは人間の一般的な経験であり、日常の雑務や仕事の報告書や学業の課題の提出を遅らせることや、約束の時間に遅れること、恋人と話しづらいストレスの多いことについて持ち越すといった経験を含む。一般的には、生産性を阻害することからネガティブな特徴として認識されており、うつ病、自尊心の低下、罪悪感、不十分さと関連していることが多い。一方で、リスクやネガティブな結果をもたらす可能性のある特定の要求や、新しい情報を知る必要がある場合には、賢明な対応と考えることもできる。

現代の調査では95%の人が先延ばしをすることを認めており、また過去40年間で先延ばしが自身の性格特徴だと認める人が急増している。世界中で20%超えの人がこのカテゴリーに分類され、その半分はほぼ常に先延ばしをしていると考えられている。そして、先延ばしは、ほぼ万国共通で見られ古代から言及がなされていた。キケロは先延ばしを「忌まわしきもの」と呼び、神学者のジョナサン・エドワーズは「未来の時間に頼ることの罪と愚かしさ」を非難する長い説教をしている。また、遅延報酬によるハトの行動パターンの研究から、先延ばしは人間に特有のものではなく、他のいくつかの動物でも観察される可能性があることが示唆されている。ハトの間で「先延ばし」の明確な証拠を見つけた実験があり、ハトは簡単だが速く行う必要のあることよりも、複雑だが遅く行ってもよいことを選択する傾向があることを示している。

先延ばしはその個人の性格とも関連しており、2004年に発表された勉学における先延ばしのメタ分析では、ビッグファイブ性格特性のうち誠実性が最も効果量が大きく、負に相関していた。また、先延ばしの遺伝率は46%であり中程度の遺伝性を有しており、衝動性と遺伝レベルでかなり共有している。2007年に発表されたメタ分析によると、先延ばしの強い一貫性のある予測因子は、タスク回避性、タスク遅延、自己効力感、衝動性、誠実性とそのファセットである達成努力、注意深さ、自制力、秩序性であり、双曲割引なども関連していた。
wikipedia抜粋

「オンライン慣れ対面授業」「オンライン慣れコロナ」「オンライン慣れストレス」という言葉が話題です。

オンライン慣れの口コミ

コメント

タイトルとURLをコピーしました