不明女児と断定の山梨・道志村・DNA型鑑定・事件が話題

不明女児と断定 話題



不明女児と断定とは

飯塚事件(いいづかじけん)とは、1992年(平成4年)2月20日に福岡県飯塚市で2人の女児が行方不明になり、翌21日に同県甘木市(現:朝倉市)の八丁峠で他殺体となって発見された事件。事件から2年後の1994年(平成6年)、久間 三千年(くま みちとし、事件発生当時54歳、逮捕当時は56歳)[注釈 が殺人などの被疑者として逮捕された。略取誘拐・殺人・死体遺棄の罪で被告人として起訴された久間は、一貫して無実を主張したが、2006年(平成18年)に最高裁で死刑判決が確定(10月8日付)。死刑確定から2年後の2008年(平成20年)10月28日、久間は福岡拘置所で死刑を執行された(70歳没)。一部報道は冤罪疑惑を採り上げ、翌2009年(平成21年)に久間の妻が1度目の再審請求をしたが、2021年に再審請求棄却が確定した。現在は2度目の再審請求中である。
wikipedia抜粋

「不明女児と断定山梨・道志村」「不明女児と断定DNA型鑑定」「不明女児と断定事件」という言葉が話題です。

不明女児と断定の口コミ

コメント

タイトルとURLをコピーしました