丸の内線の乗務員・体調不良・運転見合わせが話題

丸の内線 話題



丸の内線とは

丸ノ内線(まるのうちせん)は、東京地下鉄(東京メトロ)が運営する鉄道路線。東京都豊島区の池袋駅 – 杉並区の荻窪駅間を結ぶ本線と、中野区の中野坂上駅 – 杉並区の方南町駅間を結ぶ分岐線(通称:方南町支線[注釈 )から構成される。鉄道要覧における名称は4号線丸ノ内線および4号線丸ノ内線分岐線である。なお、新宿 – 荻窪間と中野坂上 – 方南町間は1972年(昭和47年)まで荻窪線(おぎくぼせん)あるいは荻窪線分岐線と呼ばれていた。

路線名の由来は、東京駅付近の地名である丸の内より。1970年(昭和45年)の住居表示制度実施より千代田区の「丸ノ内」は「丸の内」へと表記が変更されたが、地下鉄線の表記はそれ以降も「丸ノ内線」のまま変更されていない[注釈 。

車体および路線図や乗り換え案内で使用されるラインカラーは「スカーレット」(#f62e36、赤)で、当時の鈴木清秀営団総裁と東義胤運転部・車両部分掌理事が当路線の建設に先立って世界各国を視察した際に、飛行機の中で購入したイギリス製タバコの「ベンソン&ヘッジス」の缶の色に魅せられて決めたものである。分岐線用の車両には誤乗車防止のためラインカラーの赤帯に加えて「ブラック」(黒)の帯が入っている。路線記号は本線がM、分岐線がMb[注釈 (2016年11月中旬まではm[報道 )。
wikipedia抜粋

「丸の内線乗務員」「丸の内線体調不良」「丸の内線運転見合わせ」という言葉が話題です。

丸の内線の口コミ

コメント

タイトルとURLをコピーしました