太陽フレアの天気警報・時論公論・被害が話題

太陽フレア 話題



太陽フレアとは

太陽フレア(たいようフレア、Solar flare)とは、太陽における爆発現象。別名・太陽面爆発。

太陽系で最大の爆発現象で、小規模なものは1日3回ほど起きている。多数の波長域の電磁波の増加によって観測される。特に大きな太陽フレアは白色光でも観測されることがあり、白色光フレアと呼ぶ。太陽の活動が活発なときに太陽黒点の付近で発生する事が多く、こうした領域を太陽活動領域と呼ぶ。太陽フレアの初めての観測は、1859年にイギリスの天文学者リチャード・キャリントンによって行われた(1859年の太陽嵐)。

「フレア」とは火炎(燃え上がり)のことであるが、天文学領域では恒星に発生する巨大な爆発現象を指している。現在では太陽以外の様々な天体でも確認されている。一例として、日本の国立天文台が運用するアルマ望遠鏡がプロキシマ・ケンタウリで観測した。

アメリカ航空宇宙局(NASA)によると、2012年7月には巨大な太陽フレアが地球をかすめた 。次の10年間に同程度のフレアが実際に地球を襲う確率は12%であると推定される。
wikipedia抜粋

「太陽フレア天気警報」「太陽フレア時論公論」「太陽フレア被害」という言葉が話題です。

太陽フレアの口コミ

コメント

タイトルとURLをコピーしました