ウクライナ支援国のウクライナ政府・日本・ロシアが話題

ウクライナ支援国 話題



ウクライナ支援国とは

ウクライナ(ウクライナ語: Україна、[ʊkrɐˈjinɐ ( 音声ファイル))は、東ヨーロッパに位置する共和制国家。首都はキエフ。東はロシア、西はポーランド、スロバキア、ハンガリー、南はルーマニア、モルドバ、北はベラルーシと国境を接し、アゾフ海、黒海に沿った海岸線を持っている。人口は4130万人で、ヨーロッパで7番目に人口の多い国である。

ウクライナには紀元前3万2千年から人が住んでいた。中世には東スラブ文化の中心地であり、キエフ大公国という強力な国家がウクライナのアイデンティティの基礎を形成した。しかし、13世紀以降、モンゴル帝国の侵攻により領土が破壊され、ポーランド・リトアニア共和国、オーストリア゠ハンガリー帝国、オスマン帝国、ロシア・ツァーリ国など、さまざまな国によって支配され、分割された。17世紀から18世紀にかけてコサック・ヘーチマン国家が誕生し、繁栄したが、その領土は最終的にポーランドとロシア帝国の間で分割された。ロシア革命後、ウクライナの民族自決運動が起こり、1917年6月23日、国際的に認められたウクライナ人民共和国が宣言された。第二次世界大戦後、ウクライナ西部はウクライナ・ソビエト社会主義共和国に合併され、国全体がソビエト連邦の一部となった。1941年9月19日にナチス・ドイツに占領され解放後、再びソビエト連邦の一部となった。その後ソビエト連邦の崩壊に伴い、1991年にウクライナは独立を果たした。

独立後、ウクライナは中立国を宣言し、ロシアや他のCIS諸国と限定的な軍事提携を結びつつ、1994年にはNATOとも提携を結んでいる。2013年、ヤヌコビッチ政権がウクライナ・EU連合協定の停止とロシアとの経済関係の緊密化を決定した後、ユーロマイダンと呼ばれる数か月にわたるデモや抗議運動が始まり、後に尊厳革命に発展し、ヤヌコビッチの打倒と新政府の樹立につながった。これらの出来事が、2014年3月のロシアによるクリミアの併合、2014年4月のドンバス戦争の背景となった。2016年1月1日、ウクライナは欧州連合との深層・包括的自由貿易圏の経済コンポーネントを申請した。2021年3月からロシアとの間で緊張が高まり、2022年2月24日、ロシアのウクライナ侵攻が開始された。

ウクライナは、人間開発指数で74位の発展途上国である。加えて、ヨーロッパで2番目に貧しい国であり、非常に高い貧困率と深刻な汚職に悩まされている。一方、肥沃な農地が広がっているため、ウクライナは世界有数の穀物輸出国である。また、ロシア、フランスに次いでヨーロッパで3番目に大きな軍隊を保有している。国連、欧州評議会、OSCE、GUAM、ルブリントライアングルに加盟しており、CISの創設国の一つであるが、CISに加盟することはなかった。ポーランド、スロバキア、ハンガリー、ルーマニアなど、アジア人に対する差別が欧州連合平均より高い東欧の国々に囲まれている。
wikipedia抜粋

「ウクライナ支援国ウクライナ政府」「ウクライナ支援国日本」「ウクライナ支援国ロシア」という言葉が話題です。

ウクライナ支援国の口コミ

コメント

タイトルとURLをコピーしました