緊急経済対策の10万円給付・政府・世帯が話題

緊急経済対策 話題



緊急経済対策とは

定額給付金(ていがくきゅうふきん)とは、緊急経済対策の一施策で2009年(平成21年)3月4日に施行された、給付形式の定額減税政策である。日本に住民票がある個人・外国人登録制度の外国人(「短期滞在」者は除く)を対象に行われた。同経済対策に含まれた他の施策と伴に、平成20年(2008年)度第2次補正予算[注釈 を裏づけとし、財源措置を定める関連法と共に施行に至った。日本国政府による施策だが、給付事業そのものは地方自治体が自らの判断で行う「自治事務」と位置づけられた。

内閣総理大臣麻生太郎が2008年10月30日の記者会見で総額2兆円規模の景気対策として発表した。市町村によって実施の時期は異なったが、2009年5月28日までに全ての市町村で給付が開始された。自民党が連立を組む公明党の要求に配慮した側面があった施策であり、一人当たり1万2000円(18歳以下と65歳以上は2万円)で財源の約2兆円は国が全額負担した。
wikipedia抜粋

「緊急経済対策10万円給付」「緊急経済対策政府」「緊急経済対策世帯」という言葉が話題です。


https://twitter.com/shibusawa2021/status/1514750768317837342

緊急経済対策の口コミ

コメント

タイトルとURLをコピーしました