自民・公明・国民の3党の凍結解除先送り合意・国民・公明が話題

自民・公明・国民の3党 話題



自民・公明・国民の3党とは

三党合意(さんとうごうい)とは、2012年の民主党政権(野田内閣)下において、民主党、自由民主党、公明党の三党間において取り決められた、社会保障と税の一体改革に関する合意。2012年(平成24年)6月21日に三党の幹事長会談が行われ、三党合意を確約する「三党確認書」が、作成された。

かつての自民党政権においては、2007年の福田康夫内閣により社会保障国民会議が開催され、社会保障制度改革の提言が行われていた。ところが民主党マニフェストでは「現在の政策、支出を全て見直す」と公約され、政権交代が行われることで方針の変更が予想されていた。しかし本合意により野党自民党と公明党とで社会保障制度改革の方針がすり合わせが行われた。

合意に基づき第180回国会において、以下の8法案が2012年6月26日に衆議院で三党の賛成により可決、同年8月10日に参議院で可決成立した。

法成立により、社会保障制度改革の提言は社会保障制度改革国民会議に委ねられた。その後、自民党への政権交代(第2次安倍内閣)においては新たに社会保障制度改革推進会議が設置され継承されている。
wikipedia抜粋

「自民・公明・国民の3党凍結解除先送り合意」「自民・公明・国民の3党国民」「自民・公明・国民の3党公明」という言葉が話題です。

自民・公明・国民の3党の口コミ

コメント

タイトルとURLをコピーしました