震度5弱の地震・茨城県・福島県が話題

震度5弱 話題



震度5弱とは

気象庁震度階級(きしょうちょうしんどかいきゅう)は、日本で使用されている独自の震度階級。地震の揺れの大きさを階級制で表す指標である。単に震度ともいう。主に気象庁が中心となって定めたもので、2019年時点で、約4,400地点で観測が行われている。過去に基準や段階が変更されたこともあるが、現在では、ほぼ揺れを感じない震度0から震度1・2・3・4・5弱・5強・6弱・6強、そして最大の7までの10段階が設定されている。地震の規模を示すマグニチュードとは異なる。
wikipedia抜粋

「震度5弱地震」「震度5弱茨城県」「震度5弱福島県」という言葉が話題です。

震度5弱の口コミ

コメント

タイトルとURLをコピーしました