地図の日の伊能忠敬・日本地図・測量出発制定が話題

地図の日 話題



地図の日とは


伊能 忠敬(いのう ただたか[注釈 、延享2年1月11日(1745年2月11日) – 文化15年4月13日(1818年5月17日)は、江戸時代の商人、天文学者・地理学者・測量家である。通称は三郎右衛門、.mw-parser-output ruby.large{font-size:250%}.mw-parser-output ruby.large>rt,.mw-parser-output ruby.large>rtc{font-size:.3em}.mw-parser-output ruby>rt,.mw-parser-output ruby>rtc{font-feature-settings:”ruby”1}.mw-parser-output ruby.yomigana>rt{font-feature-settings:”ruby”0}勘解由(かげゆ)。字は子斉、号は東河。

寛政12年(1800年)から文化13年(1816年)まで、17年をかけて日本全国を測量して『大日本沿海輿地全図』を完成させ、国土の正確な姿を明らかにした。

1883年(明治16年)、贈正四位。
wikipedia抜粋

「地図の日伊能忠敬」「地図の日日本地図」「地図の日測量出発制定」という言葉が話題です。

地図の日の口コミ

コメント

タイトルとURLをコピーしました