年収600万の子供・3人・世帯が話題

年収600万 話題



年収600万とは

経済学において所得分布(しょとくぶんぷ、income distribution)とは、ある国の国内総生産(GDP)が人口にどのように配分されているかという点である。

所得分布は常に経済学の理論や経済政策において議論中心となるテーマである。アダム・スミス・トーマス・マルサス・デヴィッド・リカードなどの古典派経済学者は、主に所得分布要素について関心を持っており、その範囲は生産要素・土地・労働力・資本などであった。

コミュニティにおける所得分布は、ローレンツ曲線といった形となる。
wikipedia抜粋

「年収600万子供」「年収600万3人」「年収600万世帯」という言葉が話題です。

年収600万の口コミ

コメント

タイトルとURLをコピーしました