万引き家族の映画館・是枝監督・シーンが話題


万引き家族 話題


万引き家族とは

『万引き家族』(まんびきかぞく、英題:Shoplifters)は、2018年6月8日公開の日本映画。是枝裕和監督。

親の死亡届を出さずに年金を不正に貰い続けていたある家族の実際にあった事件をもとに、是枝が家族や社会について構想10年近くをかけて考え作り上げた。日本国内での公開に当たっては、PG12のレイティング指定がなされている。

第71回カンヌ国際映画祭において、最高賞であるパルム・ドールを獲得した。日本人監督作品としては、1997年の今村昌平監督『うなぎ』以来21年ぶり。

脚本段階では子どもに「お父さん」「お母さん」と呼んでほしいと願う主人公の想いが重点的に描かれており、撮影中につけられていた映画のタイトルは『万引き家族』ではなく『声に出して呼んで』だった。
wikipedia抜粋

「万引き家族映画館」「万引き家族是枝監督」「万引き家族シーン」という言葉が話題です。

万引き家族の口コミ

今!バズり中の記事・話題はこちら

コメント

タイトルとURLをコピーしました