ヤングケアラーのあさイチ・子供・子どもが話題

ヤングケアラー 話題



ヤングケアラーとは

ヤングケアラー(英語: young carer)とは、家族にケアを要する人がいる場合に、大人が担うようなケア責任を引き受け、家事や家族の世話、介護、感情面のサポートなどを行っている、18歳未満の子どもを指す。ケアが必要な人は、主に、障がいや病気のある親や高齢の祖父母、きょうだい、他の親族である。

手伝いの域を超える過度なケアが長期間続くと、心身に不調をきたしたり遅刻や欠席が多くなったりして、学校生活への影響も大きい。進学・就職を断念するなど子どもの将来を左右してしまう事例もあるとされる。

ヤングケアラーの年齢は国によって異なる。公的サポートの対象とされるヤングケアラーは、イギリスでは18歳未満、オーストラリアでは25歳までとされる。日本では、ヤングケアラーの法律上の定義は存在せず、研究者等の定義から18歳未満の子どもとされるのが一般であるが、一般社団法人日本ケアラー連盟は、これに加えて、18歳~おおむね30歳代までのケアラーを「若者ケアラー」と定義している。
wikipedia抜粋

「ヤングケアラーあさイチ」「ヤングケアラー子供」「ヤングケアラー子ども」という言葉が話題です。

ヤングケアラーの口コミ

コメント

タイトルとURLをコピーしました