キャンプファイヤーのアルセウス・デッキ・リザードンが話題

キャンプファイヤー 話題



キャンプファイヤーとは

キャンプファイヤー(英: campfire)は、キャンプ場所でおこなわれる焚き火。調理のために使われたり、人と人が集って社会的活動(交流活動)をする場所となる。ボーイスカウトでは「営火(えいか)」とも呼ばれる。

キャンプファイヤーをどのようなものにするか、というのはキャンプが催されている目的や、主催する人のセンスにもよる。単純に調理の場としてのみ使う人もいる。身体を温める場に使う人もいる。軽い社交の場に使う人もいる。人と人の心を結ぶための儀式の場にする主催者もいる。呪術的、宗教的な儀式の場にする主催者もいる。

ちなみにキャンプ以外の祭事などで火を焚く行事は、ボーンファイヤー (bonfire)、ファイヤーラリー (fire rally)、ファイヤーストーム(日本での語法。本来は火災旋風のこと)などと呼ばれる。似ている面もあるが、それらはキャンプファイヤーではないので、ここでは扱わない。
wikipedia抜粋

「キャンプファイヤーアルセウス」「キャンプファイヤーデッキ」「キャンプファイヤーリザードン」という言葉が話題です。

キャンプファイヤーの口コミ

コメント

タイトルとURLをコピーしました