江戸川区19歳少女の元カレ・アメリカ人・家賃が話題

江戸川区19歳少女 話題



江戸川区19歳少女とは

市川一家4人殺害事件(いちかわいっかよにんさつがいじけん)は1992年(平成4年)3月5日夕方から翌3月6日朝にかけて千葉県市川市幸二丁目(行徳地区)にあるマンションで発生した強盗殺人・殺人・強盗強姦などの事件。

加害者少年S(事件当時19歳)は暴力団と女性関係を巡るトラブルを起こし、暴力団から要求された現金200万円を工面する目的で事件1か月前に強姦した少女(事件当時15歳)宅のマンションに侵入して一晩で少女の両親・祖母・妹の一家4人を殺害した。また、少女の家だけでなく両親が経営していた会社からも金品を奪い、殺害現場で1人残された被害者遺族の少女を強姦した。

平成の少年犯罪では初の死刑確定・執行事件(少年死刑囚)となった本事件は日本社会を震撼させ衝撃を与えるとともに、その重大性から少年法の在り方などに論議を呼んだ。なお、坂本敏夫は自著『死刑と無期懲役』 (2010) にて本事件を「日本では1990年(平成2年) – 1992年の3年間にわたり死刑執行が停止されていたが、1993年(平成5年)3月に再開された。本事件はそのきっかけになった事件ではないか」と指摘している[注 。
wikipedia抜粋

「江戸川区19歳少女元カレ」「江戸川区19歳少女アメリカ人」「江戸川区19歳少女家賃」という言葉が話題です。

江戸川区19歳少女の口コミ

コメント

タイトルとURLをコピーしました