同情の声の周り・面倒・大変が話題

同情の声 話題



同情の声とは

ディー・ディー・ブランチャード殺害事件(ディー・ディー・ブランチャードさつがいじけん、英語: Murder of Dee Dee Blanchard)は、米国ミズーリ州スプリングフィールドで発生した殺人事件。

2015年6月14日の深夜、ミズーリ州グリーン郡の郡保安官代理が、ディー・ディー・ブランチャード(Dee Dee Blanchard)の遺体を発見した。遺体は、スプリングフィールド郊外の自宅の寝室で、数日前に加えられた刺し傷から流れた血の海の中でうつ伏せに横たわっていた。白血病、喘息 、筋ジストロフィー、その他の複数の慢性疾患に苦しみ、早産によって受けた脳損傷のために「7歳児の知的能力」を持っていたとされる彼女の娘、ジプシー・ローズの姿は見当たらなかった。

その日の夕方、不安を感じさせるFacebookの投稿を読んで心配した隣人が警察に通報し、ディーディーが犯罪の犠牲者となった可能性があり、またジプシー・ローズの車椅子と薬が家に残されていたため、彼女が誘拐された可能性があると報告した。翌日、警察はオンラインで知り合った恋人のニコラス・ゴデジョンと一緒に旅行していたジプシー・ローズをウィスコンシン州で発見した。彼女が実際には大人であり、母親が主張していた身体的および精神的健康問題に苦しんではいないことを捜査官が発表すると、重度の障害を持つ少女の誘拐と考えられていた事件に対する国民の怒りは、衝撃とジプシー・ローズへの同情に取って代わった。

さらなる捜査により、ジプシー・ローズを診察した数名の医師は、主張されていた障害を見つけることができなかったことが判明した。ある医師は、親や介護者が彼らの看護の下にある人物の病気を誇張、捏造、または誘発して、同情や注目を集めようとする精神疾患である代理ミュンヒハウゼン症候群を疑った。ディーディーが継母に毒を盛ったと疑っていた家族が、ジプシー・ローズの治療方法についてディーディーと対立すると、ディーディーは名前をわずかに変えた。それでもなお、多くの人々が彼女の状況を真実だと認め、二人はハビタット・フォー・ヒューマニティ(英語版)、ロナルド・マクドナルド・ハウス、メイク・ア・ウィッシュなどの慈善団体の援助を受けた。

ディーディーは娘に年齢を低く偽るよう強制し、身体障害者で慢性疾患者であるふりをさせていた。彼女に不必要な手術と投薬治療を受けさせ、身体的虐待と心理的虐待によって彼女を支配していた(英語版)。虚偽性障害の国際的専門家であるマーク・フェルドマン博士は、虐待を受けた子供が親を殺したという事例は、彼の経験の中で初めてであると述べた 。ジプシー・ローズは第二級殺人の罪状を認め、10年の刑に服している。2018年11月に行われた短期間の裁判の後、ゴデジョンは第一級殺人で有罪となり、終身刑に服している。
wikipedia抜粋

「同情の声周り」「同情の声面倒」「同情の声大変」という言葉が話題です。

同情の声の口コミ

コメント

タイトルとURLをコピーしました