DEATH NOTEのネーム・読切・読み切りが話題


Deathnote 話題


DEATH NOTEとは

『DEATH NOTE』(デスノート)は、原作 – 大場つぐみ・作画 – 小畑健による日本の少年漫画作品。2003年12月から2006年5月まで『週刊少年ジャンプ』(2004年1号 – 2006年24号)に連載。名前を書いた人間を死なせることができるという死神のノート「デスノート」を使って犯罪者を抹殺し、理想の世界を作り上げようとする夜神月と、世界一の名探偵・Lたちによる頭脳戦を描く。

連載版の以前に同誌2003年36号に掲載された読切版が掲載される。2008年2月には最終回から3年後を描いた読切の特別編が同誌に掲載された。話数カウントは「page-」。

単行本12巻の累計発行部数は全世界3,000万部を突破。宝島社「このマンガがすごい!」オトコ版では、2006年と2007年に2位を獲得した。連載終了後も、映画、アニメ、小説、ミュージカル、ドラマなど幅広いメディア展開を続けている。
wikipedia抜粋

「DEATH NOTEネーム」「DEATH NOTE読切」「DEATH NOTE読み切り」という言葉が話題です。

DEATH NOTEの口コミ

今!バズり中の記事・話題はこちら

コメント

タイトルとURLをコピーしました