Chromeのブラウザ・メモリ・ネットが話題

Chrome 話題



Chromeとは

Google Chrome(グーグル・クローム)は、Googleが開発したクロスプラットフォームのウェブブラウザである。2008年にMicrosoft Windows用[注 に最初にリリースされ、その後Linux、macOS、iOS、Androidに移植された。このブラウザはChromebook(ノートパソコン)やChromebox(デスクトップパソコン)に使われているChrome OSの主要構成要素でもあり、そのウェブアプリの基礎にもなっている。

Chromeのソースコードは、そのほとんどがGoogleのオープンソースのChromiumプロジェクトからのものであるが、ChromeはGoogle社所有のフリーウェアとしてライセンスするようにした[一次資料 。元々はHTMLレンダリングエンジンとしてWebkitを採用していたが、Googleは最終的にWebkitから分岐させてBlinkを作成。その後、iOSを除くすべてのChromeの版でこのBlinkが使用されるようになった。

2020年11月時点で、インターネットの流量統計用StatCounterによると、Chromeの全世界ウェブブラウザの利用シェアは従来のPCデスクトップで現在70%、全プラットフォームで66%であると推定されている。こうした成功により、Googleは「Chrome」ブランドを他の製品へ応用して、Chrome OS、Chromecast、Chromebook、Chromebit(英語版)、Chromebox、Chromebase(英語版)を作っていった。
wikipedia抜粋

「Chromeブラウザ」「Chromeメモリ」「Chromeネット」という言葉が話題です。

Chromeの口コミ

コメント

タイトルとURLをコピーしました