錆喰いビスコの1話・世界観・アニメが話題

錆喰いビスコ 話題



錆喰いビスコとは

『錆喰いビスコ』 (さびくいビスコ) は、瘤久保慎司による日本のライトノベル。イラストは赤岸K、世界観イラストとしてmocha。電撃文庫 (KADOKAWA アスキー・メディアワークス) より2018年3月から刊行されている。第24回 (2017年) 電撃小説大賞の銀賞受賞作。防衛兵器の暴走によって文明が崩壊した未来の日本を舞台に、「錆び風」と呼ばれる現象に悩む人類と、それに対抗する力を持つ「キノコ守り」の青年の活躍を描く。3巻までで第一部完としている。2021年10月時点でシリーズ累計発行部数は30万部を突破している。

2019年版『このライトノベルがすごい!』では総合と新作で1位にランキングしており、『このラノ』としては初の快挙を達成している。

メディアミックスとしてマンガUP!にて高橋佑輔によるコミカライズが行われ、河本啓佑の朗読でオーディオブック化されている。2021年にはテレビアニメ化が発表された。
wikipedia抜粋

「錆喰いビスコ1話」「錆喰いビスコ世界観」「錆喰いビスコアニメ」という言葉が話題です。

錆喰いビスコの口コミ

コメント

タイトルとURLをコピーしました