最果てのパラディンの2期・アニメ・最終回が話題

最果てのパラディン 話題



最果てのパラディンとは

『最果てのパラディン』(さいはてのパラディン)は、柳野かなたによる日本のライトノベル。小説投稿サイト『小説家になろう』で2015年5月1日に連載開始。書籍化の打診を受け、2016年3月25日からオーバーラップ文庫で刊行が始まった。書籍化後も『小説家になろう』での連載は継続している。いわゆる「転生もの」から発想を得た作品であり、前世の記憶がある少年を主人公にした異世界ファンタジーである。

メディアミックスとして、2017年9月25日よりWebコミック誌『コミックガルド』で奥橋睦によるコミカライズ版が月刊連載開始。また2021年10月よりテレビアニメが放送予定。

作者が精神状態悪化を理由に活動を休止したことで、作品は2017年9月までで止まっている。その後、2020年11月に行われた復帰報告において、書籍版第5巻の執筆の後、なろう版の連載再開に着手する予定である事が報告された。2021年7月には作者自身の具体的な病状などの報告が行われたが、2021年10月時点では活動再開に至っていない。
wikipedia抜粋

「最果てのパラディン2期」「最果てのパラディンアニメ」「最果てのパラディン最終回」という言葉が話題です。

最果てのパラディンの口コミ

コメント

タイトルとURLをコピーしました