風の向こうへ駆け抜けろの後編・土曜ドラマ・有馬記念が話題

風の向こうへ駆け抜けろ 話題



風の向こうへ駆け抜けろとは

『風の向こうへ駆け抜けろ』(かぜのむこうへかけぬけろ)は、古内一絵による日本の小説。

「藻屑の漂流先」と揶揄される寂れた弱小厩舎で、心に傷を抱え人生をあきらめきった調教師、厩務員たちが、新人女性騎手・瑞穂と虐待により心身共にボロボロだった良血の競走馬・フィッシュアイズとともに地方競馬の誇りを胸に、中央競馬のG1レース・桜花賞に挑む物語。

2017年にNHK FMの「青春アドベンチャー」枠でオーディオドラマ化された。

2021年12月18日からNHK総合の「土曜ドラマ」枠でテレビドラマが放送中。
wikipedia抜粋

「風の向こうへ駆け抜けろ後編」「風の向こうへ駆け抜けろ土曜ドラマ」「風の向こうへ駆け抜けろ有馬記念」という言葉が話題です。

風の向こうへ駆け抜けろの口コミ

コメント

タイトルとURLをコピーしました