ロイヤルオークのシーウルフ・デイトナ・サブが話題

ロイヤルオーク 話題



ロイヤルオークとは

ロイヤル・オーク (HMS Royal Oak, 08) は、イギリス海軍のリヴェンジ級戦艦。デヴォンポート工廠で1914年1月15日起工。1914年11月17日進水。1916年5月1日就役。ロイヤル・オークとは清教徒革命当時、国王がその枝に隠れて難を逃れた木「ロイヤル・オーク」に由来する名前で、イギリス軍艦では8隻に命名されており、本艦がその8隻目にあたる。戦艦としては1894年に竣工したロイヤル・サブリン級戦艦に次いで2隻目となる。

本艦は就役直後の1916年5月31日から6月1日にかけてドイツ艦隊との間で戦われたユトランド沖海戦に参加し、ドイツ巡洋戦艦デアフリンガーと砲火を交えた。1939年10月14日にドイツ海軍の潜水艦U47によるスカパ・フロー奇襲作戦で撃沈された。
wikipedia抜粋

「ロイヤルオークシーウルフ」「ロイヤルオークデイトナ」「ロイヤルオークサブ」という言葉が話題です。

ロイヤルオークの口コミ

コメント

タイトルとURLをコピーしました