討ち入りの赤穂浪士・忠臣蔵の日・12月14日が話題

討ち入り 話題



討ち入りとは

赤穂事件(あこうじけん)は、18世紀初頭(江戸時代)の元禄年間に、江戸城・松之大廊下で、高家の吉良上野介(きらこうずけのすけ)義央[注釈 に斬りつけたとして、播磨赤穂藩藩主の浅野内匠頭(あさのたくみのかみ)長矩が切腹に処せられた事件。さらにその後、亡き主君の浅野長矩に代わり、家臣の大石内蔵助良雄以下47人が本所の吉良邸に討ち入り、吉良義央らを討った事件を指すものである(「江戸城での刃傷」と「吉良邸討ち入り」を分けて扱い、後者を『元禄赤穂事件」としている場合もある)。
wikipedia抜粋

「討ち入り赤穂浪士」「討ち入り忠臣蔵の日」「討ち入り12月14日」という言葉が話題です。

討ち入りの口コミ

コメント

タイトルとURLをコピーしました